INTERVIEW

インタビュー

ナディアが好きだからみんなにも好きになってほしい!
私が上を目指す理由

EPT(Entertainment Project Team)チームリーダー

ERIKA SANO

Nadiaで働く社員を紹介する社員インタビュー企画★
今回は、EPT(Entertainment Project Team)という部署のコミュニケーション企画チームで、リーダーとして活躍する
佐野 絵里香さん(2016年入社)
EPTはその名の通り、エンターテインメント、ゲーム業界に特化した部署です。
週に数日はお客様のところに常駐しながらも、チームメンバーをまとめて引っ張っている佐野さん。
部署はもちろん、Nadiaのムードメーカーでもある佐野さんから見たNadiaの魅力や女性リーダーとしての働き方についてお話いただきました!

ーこれまでの経歴を教えてください

新卒で入った会社はエステ業界で、BtoCの営業をしていました。
そのあと、サイバーエージェントで自社のプラットフォームの広告運用をしていました。Web系だったのでこの時の経験が今の仕事に一番近いですね。
そのあとは、大手代理店で紙媒体中心に、外注向けの制作進行管理をしていました。進行管理のスキルはここで身に付きました。

ーなぜナディアに入社しようと思ったのですか?

制作会社との折衝を経験しているうちに、自分自身も制作会社側での進行管理をしたいと思うようになり、「制作会社、制作、進行管理」で検索していてNadiaを知りました。行ってみたらオフィスがキレイでかっこ良かったのが印象的でした。「クリエイティブ会社」っぽいなって。
あとは面接がおもしろかったです。代表との面接だったのですが、すごいフランクに話してくださいました。
また、面接のときに、私はもともと紙媒体をやりたいと話していたので、「Nadiaは現在、紙媒体よりWeb媒体の方が取り扱いが多い」という話を聞き、一瞬不安になったのですが、「紙からWebに転身しているディレクターはたくさんいる」と言っていただき安心したのを憶えています。

ーEPTの部署はどんな部署ですか?

風通しが良い部署で、とにかくメンバーみんな仲が良いです。部長が現場の最前線にいるので現場と熱量の差がなく、現場のことがわからない、ということがないですね。距離が近い分、部長含め、一緒に仕事がしやすい環境です。
メンバーはみんな好奇心があり、一つのディレクションでもいろんな媒体にチャレンジしようとする姿勢がありますね。いい意味で型にはまっていない。
案件に対するアサインもバランス良くしていてサポート体制がしっかりしているので、例えば誰かが風邪で休んだり、急に会社に来れなくなったり、他のことで忙しくなったりしても臨機応変にみんなが対応できる。あの人しかわからない、あの人しか対応できない、ということがないですね。チームワークの良さがEPTの良いところだと思います! あとはとにかく元気!よく飲む!(笑)

ーEPTでどんなお仕事をしていますか?

EPTは某大手ゲームアプリ会社様と一緒に案件を進めることが多いのですが、作業効率化を図るために、週に2~3日はお客様のところに常駐しています。
基本はお客様とNadiaのブリッジ的なポジションです。受注前のヒアリングや、「こうしたいんですけどできますか?」というざっくりとした相談に乗ったり、お客様側の社内ディレクターとしても動いています。

ー現在、リーダーのポジションですが、どのようにキャリアアップしましたか?

Nadiaに入社して3年。ディレクターとして順調に経験を積んできたのもそうですが、、、
私はもともと見積りもつくれなかったんです(笑) 今までいた会社が分業だったのもあって。
でもNadiaはいい意味であまり分業されていなくて、できないわけないからやってみようよ、って上司が何でもやらせてくれたんですよね。私は紙媒体をやっていたのでコーディングの知識も皆無だったのですが、じゃぁソース見てみよう、とか、苦手意識を克服するためにすごく寄り添ってくれる環境でした。
そういう経験があるから、必然的に私もそれを後輩にしてきたのかなって思います。

ー会社を引っ張っていく存在というイメージがありますね

とにかく楽しいんですよね、会社が! ナディアが好きだからもっとみんなにも好きになってほしいと思って、自分がキャリアアップして感染させたい。それをモチベーションにしてやってきました。

ーリーダーとしての組織づくりで大切にしていることは?

部長とリーダーの私とでチームのバランスをとることを意識しています。
あとは、チームの人たちと密なコミュニケーションをとるようにしています。部長もお客様のところに常駐することが多いので、部長が社内にいなくても私の報告で状況がわかるように、忙しくても必ずみんなと会話するようにしています。

ー苦労したことはありますか?

チーム全員と密なコミュニケーションをとるのもなかなか大変ですが・・・(笑)
EPTはチーム内に制作部があり、私にもわからないことが多いんです。動画のこととか最初はよくわかっていなかったです(笑) 部下のなかには自分と違う職種の人もいるから、その人たちに対する理解というところは苦労しましたね。

ー仕事のやりがいはなんですか?

やりがいしかないです。今日(※インタビューを受けている日)も案件のローンチ日だったのですが、世の中が騒ぐから気持ちいい。快感ですね。
リーダーとしてのやりがいは、みんなが同じ方向を向いて同じ目標に向かって頑張っているときに、ふと泣けてくることがありますね。それがやりがいです。

ーどういう人と一緒に働きたいですか?

前のめりな人。会社を好きになってくれる人。同じ方向に向かっていってくれる人。
あとは、仲間意識をちゃんと持ってくれる人。会社にいる時間の方が長いので、家族としてとまでは言わないけど、長い時間をともに過ごす仲間として見てくれる人にぜひ来ていただきたいです!

ー今後の目標は?

EPTチームとしては、人数を増やしてチームを大きくしたいです! デザイナーやコーダーもチームの一員として拡大していき、一連の制作フローをワンストップにして、一つの制作物ができるようなチームにしたいです。
個人としては、もっとキャリアアップして、もっと私の声が通るような存在になりたいですね。女性がもっと活躍できるように、産休・育休制度がもっと浸透するように、しばらく休んでも戻ってきやすいように、その先駆けとなるような存在になりたいし、そういう環境をつくりたいですね。

佐野さん、ありがとうございました!

仲間意識、チーム、人とのコミュニケーションを大事にする佐野さん。
Nadiaにはそんな環境があります!
風通しの良い環境で、やりたいことを一緒にかたちにしていきませんか?
ぜひお待ちしております!!

就職をお考えの方は、下記、株式会社ナディアの採用エントリーページからご応募ください。

採用に関するご質問・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせ: contact@nadia.bz