INTERVIEW

インタビュー

「熱意さえあれば必ず成長できる!」
Nadia札幌デザイナーチームのリーダーが語るデザインへの熱い想いとは?

デザイナー札幌チームのリーダー

MASASHI MIYAKAWA

こんにちは!採用広報担当の小坂です(・∀・)ノ
Nadiaで働く社員を紹介する社員インタビュー企画!
今回は、デザイナー札幌チームのリーダーとして、みんなを引っ張る頼れる存在、
宮川 雅さん(2015年入社)
にお話を伺いました!
熱い男、宮川さんのデザインに対する想いや、仕事に対する姿勢を熱く語っていただきました!

ーこれまでの経歴を教えてください

高校卒業後、東京で2年くらい、エレベーターの点検の仕事をしていました。
条件はそこまで悪くなかったですが、将来を考え始めたときに、 好きなことを仕事にできたらいいなと思い、好きなファッション業界のことをもっと深く知るために、一度札幌に戻り、アパレルショップでアルバイトから始めました。
それでも知識が足りず、20歳のときに専門学校で2年、パターンとか生地とか、作るほうの勉強をしました。
その後、再びアパレルショップで店頭販売、Web販売をして2~3年。給料は15万くらい、、、。
楽しかったけど、将来を考え、その頃から手に職をつけたいと考えるようになりました。

デザインが好きで、その頃もフライヤーとかを作ったりしていたので、制作会社で挑戦したいと思い、制作会社に入りました。

そこは3名くらいの会社で、制作はニッチなもの(リピート通販のLP、バナー100個とか…)で、デザイン性を求められるというよりはお金を稼ぐことに注力していましたね。その時に、制作会社のデザイナーってパソコンがあれば稼げるな、こんないい職業ないな、一生やっていこうと思いました。
仕入れもないし、余ることもない、パソコン1台あればガンガン仕事ができる。

それからお付き合いのある代理店さんに声をかけていただき、東京で1年半くらい単身赴任をして、規模を拡げようと他の会社も営業で回っていたところでNadiaと出会いました。何回か社長にごはんに連れて行っていただいて、いくつか直接バナーとかの案件をもらっていました。
そのうち、僕が家族のことで札幌に戻るタイミングで、札幌に事務所がなかったので、Nadiaの札幌オフィスに席を借りてちょっとずつ仕事をもらっていた感じですね。そのまま雇っていただいて今に至ります。

ーNadiaにジョインした決め手は?

Nadiaの札幌オフィスに席を借りているときに、Nadiaの人と何回かごはんに行ったりしていたんですけど、話していてすごくいい人で。人ですかね。ここだったら続けていけるし、この人の下で働きたいって思ったんですよね。

ーNadiaに入って良かったところは?

札幌って制作会社があまり多くなくて、実績を見ると未だに作っているものが古かったりするところも多くて、有名企業の案件ができるっていうのはすごいメリットだと思います。デザイナーとして活躍できる環境がありますね。

あとは、時間に融通がきくところ。僕は家族がいるので、なにかあれば自宅対応できるとか、時間の面はすごいいいなって思います。いい意味で自由ですね。「働き方」の柔軟性はあります。

ー現在の仕事内容は?

現在は、某大手ゲームアプリ会社や大手新聞社など大手企業の案件のデザインを担当しています。
だいたい4つくらいの案件を掛け持ちでやっていますが、スキルとか人によって調整して割り振るようにしています。

ーー札幌デザイナーチームのリーダーとしてはどうですか?

わりとメンバーには自由にやってもらっています(笑) 
デザインって正解はないので、それぞれ個々の色が出ているのにそこを変えるのは違うと思うので、最低限守らなきゃいけないことはチェックして、あとはそれぞれ自分の色を出してもらえればいいかなって思っています。
社歴が浅いメンバーに関しては、案件のキックオフミーティングから全部一緒に出て、一通り目を通して一緒に進めるようにしています。

ー仕事をする上で大切にしていることは?

常に「お金」を意識して働いています。金額ではなく時間でアサインされるので、時間内に終わらせてガンガンまわしていく感じですね。僕はデザイン凝ってます、っていうよりは数をこなしてお金で貢献したいタイプです。でもこれはメンバーの中でもいろいろで、お金は気にしないっていう人もいればお金で判断する人もいる。人それぞれで思っていていいのかなって思います。なので無理にお金稼げとは言わないです(笑)

あとは、楽しく仕事することを意識していますね。なんでも楽しい方向に仕向けていくことは大切にしています。ポジティブ思考で!

ー仕事で苦労したことは?

案件を詰め込みすぎて苦労したことはありますが…(笑)
そうですね…マネジメントのところでいうと、部下のモチベーションの上げ方はまだ自分のなかで正解がでていないので、今年の目標は、モチベーションが低い子をどれだけ上げてあげられるか、なにか見出せるように動いていきたいなって思います。

ー札幌オフィスの雰囲気は?

札幌は昨年秋にオフィスを増床移転したのですが、新オフィスは快適ですよ!近くに飲み屋が多いです(笑)
案件が落ち着いたらみんなで飲みに行くこともあります!女性メンバーはみんなでランチに行ったりもしていますよ。

札幌のメンバーは、良い意味で距離感が絶妙なんです(笑) 仕事中は仲良く和気あいあいとしていますね。
札幌は落ち着いた人が多いので僕がちょっと浮いてますね(笑)
ゆったりとし過ぎていないというか、せわしくない、そんな雰囲気です。

ーどういう人と一緒に働きたいですか?

これはもうただひとつ、 「熱がある人」ですね!スキルはなくていいんです。この業界で一生食べていこうという気持ちだけ持ってきてもらえれば!
デザインってアーティストが描くものとは別で、反復練習すれば引き出しも増えるし、絶対に実力もつくんですよ。僕はデザイン作業の「センス」って努力でまかなえると思っています。
お客様の要望に沿ったものをどれだけ具現化できるかだけなので、そんなにスキルはいらないです。
仕事して慣れていって数をこなしていけば誰でもできるので、向上心を持った人と一緒に働きたいですね。逆に暑苦しいくらいの。

ー今後の目標は?

Nadiaでの札幌事務所の立ち位置とかあり方を明確化していきたいです。制作部隊として人を増やしていって、札幌が全部制作できるように、完全に制作に特化した事務所をつくっていきたいですね。なので今年は制作メンバーを増やしていきたいです!

個人としては、札幌の新規顧客開拓で、直接会社に挨拶に行って、自分の名前を売ることです。Nadiaのデザイナー宮川を売っていきたいですね!

宮川さん、ありがとうございました!

札幌メンバーは落ち着いた雰囲気のなかにも熱い想いをもった人たちがたくさんいます!
これからどんどん規模拡大をしていく札幌事務所は、デザイナーとして活躍できる環境があります。

Uターン・Iターンも大歓迎です!
アットホームな環境で熱意をもって一緒に働きませんか??
ぜひお待ちしております!!
次回のインタビューもお楽しみにー★

就職をお考えの方は、下記、株式会社ナディアの採用エントリーページからご応募ください。

採用に関するご質問・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせ: contact@nadia.bz